<< 名もない朝の光。     古都での話 >>