<< つたえたい     また逢う日まで。 >>