<< 何度も。     光陰特急のごとし >>